潟上市立天王中学校

〒010-0201
秋田県潟上市天王字宮の後3番地
TEL:018(878)2222
FAX:018(878)2309
E-mail:tenno_jhs@edu.city.katagami.akita.jp

自動車:JR秋田駅周辺から約45分
高速道路:昭和男鹿半島ICから 車で約20分
電車:JR男鹿線 二田駅 下車 徒歩約5分

進路指導

1 目標

 「自分の持ち味を理解し, 目標達成を目指し努力を継続できる生徒の育成」

2 主題設定の理由
 本校には, 自分のよさを認めるという意味での肯定的自己理解において満足できる状況にある生徒が多い。しかし, 自分の知的, 身体的, 情緒的, 社会的な特徴を統合した上での自己理解の深化に至っているとは言い難い。また, 現在と将来の自分自身のために学習が大切であると気付いているが, 学習内容の定着が不十分な生徒も少なくない。そこで, 生徒が自身の短所等も含めて自分に対する理解を深め, 諸活動において安定した前向きな気持ちで向き合いながら, 忍耐力を発揮していくことができるよう支援することが重要であると考え, 本研究主題を設定した。

3 重点目標
(1) 教科等の学習指導を通して, 目標と活動の関連付けを知的・体験的に理解できるよう援助
   する。
(2) 生徒のキャリア発達を促すための教員のカウンセリング能力を向上させ, 学習課題と取り
   組む過程を適切に支援する。

4 具体的な実践事項
(1) 達成させたい生徒の姿(学習内容及び資質・能力)を明確にした学習課題を設定する。
(2) 目的及び手立てを明確にした協同的な学習活動を推進する。
(3) 生徒が自ら問題を解決していく力を育てる学習過程を工夫する生徒の内面の変容及び資質
   ・能力の育成を促すため, 教員のカウンセリング能力の向上を図る。
(4) システム手帳やキャリアポートフォリオを活用し, 計画性の育成や, 目標設定と振り返り
   の機会の充実による, 自己理解の深化を図る取組を推進する。
(5) 各学年について, 次の事項を実践する。
 ・1学年
   中学校生活に適応できるよう, 自分の得意や不得意を知り, 困難な状況にも向き合い乗
   り越えることができる力(対応の仕方, 自信及びストレスマネジメント)を育てる。
 ・2学年
   意義を明確にして学習活動に取り組ませることで, 意欲的に活動できる場面を設定し,
   自己効力感を養う。
 ・3学年
   個別又は複数で学習する機会を保障し, 実感を伴って「できる・分かる」体験を積み重
   ねることを通して, 困難な状況にも粘り強く挑戦しようとする向上心を育てる。