大豊小学校教育目標

夢をもって高まり合う子どもの育成 ~みんなちがって みんないい~

 本校の子どもたちは、学習や諸活動に真面目に取り組み、学校生活に前向きである。 また、互いのよさを認め、個性を受け入れるやさしさをもっている。一方、自ら積極的に 関わろうとする態度や失敗を恐れず主体的に行動する姿勢においてはまだ改善の余地があり、 これからの社会を生き抜いていく力は不可欠である。 そこで、異学年交流、異校種間交流、地域との交流等を通して、他者をよりよく理解し、 主体的に関わりながら、他と協力してよりよい生活を送ろうとする子どもたちに成長させたいと願う。 また、これまでのインクルーシブ教育の理念を大切にしながら、より一層信頼される学校づくりに努めたい。

具体目標

子どもの姿

○ やさしく   共感と思いやりのある子ども
○ かしこく   めあてをもって進んで学ぶ子ども
○ たくましく  健康・安全を大切にする子ども

学校の姿

○ 安全で、学ぶ楽しさがあふれる学校
○ 元気なあいさつと歌声が響く学校
○ 家庭・地域と共に子どもを育てる学校

教師の姿

○ 子どもを愛し、可能性の伸長に情熱を注ぐ教師
○ 授業力向上を目指し、絶えず研修に努める教師
○ 地域を理解し、地域に学ぶ教師

経営の重点と具体的方策

やさしい子どもに

◇自己有用感を醸成する積極的な生徒指導の推進
  ・心の居場所のある学級づくり、役割と責任のある集団づくり
  ・学年間交流、縦割り班活動の充実による共感的他者理解と自己有用感の醸成
◇道徳の時間を要とする心に響く道徳教育の充実
  ・家庭・地域と連携した道徳教育の推進(豊かな体験、日常的な指導)
  ・「特別の教科 道徳」(道徳科)の授業実践(思いやりと生命尊重を重点に)

かしこい子どもに

◇的確な実態把握による個に応じた指導の充実
  ・授業研究を核とした計画的な研修の充実
  ・少人数指導及びTTによる指導の効果を高める手立ての工夫
◇研究の重点(主体的な学び手の育成のために)
  ・「書く・聴く・話す」力を育て、それを生かす授業づくり
  ・子どもの考えを深め、次の学びに生かすための伝え合いの工夫

たくましい子どもに

◇健康でたくましい心と体の育成
  ・体力の向上と食育の推進及び自己管理能力の育成
◇子どもの成長をつなぐ連携や交流の充実
  ・保小の円滑な接続と小中9年間を見通した教育連携
  ・地域の教育力、専門機関の積極的活用と教育情報の発信