平成25-26年度 文科省委嘱

インクルーシブ教育システム構築モデル事業

事業の委嘱を受けた潟上市教育委員会からの指定により、モデルスクールとして合理的配慮に関する事例研究を行っています。


インクルーシブ教育とは?


障がいのある子どもと障がいのない子どもができるだけ同じ場で共に学ぶことを目指します

kakoi

<本質的な視点>

 ◎授業が分かる

 ◎学習活動に参加している実感・達成感を持ちながら、充実した時間を過ごすことができる

 ◎生きる力を身につけることができる


≫平成25年度の取組をリーフレットにまとめました

リーフレットはこちらから(高画質)
リーフレットはこちらから(低画質)



研修会開催のお知らせ

インクルーシブ教育研修会 ※本研修会は終了しました

講演テーマ 「インクルーシブ教育を進めるために ~教室でできる特別支援教育~」

講 師   名城大学大学院准教授  曽山 和彦 氏

日時    平成26年12月22日(月) 14:30~16:30(受付14:10~14:25)

会場    秋田県潟上市立大豊小学校

▽詳しくはこちらから▽