大豊小学校教育目標

夢をもって高まり合う子どもの育成 ~みんなちがって みんないい~

 本校の子どもたちの多くが,自分なりの夢をもっている。また,互いの個性を受け入れ,
協力しようとする子どもも多い。どの子どもも今よりも自己を肯定的に理解できるようにな
ることで,自信をもって夢や目標に向かい,他を積極的に受け入れ高まり合おうとする心が
育っていくものと考える。また,特別支援教育の拠点校としての自負をもち,「みんなちが
ってみんないい」という基本姿勢を,本校教育を通して発信していきたい。

具体的目標

子どもの姿

○ かしこく   めあてをもって進んで学ぶ子ども
○ やさしく   共感と思いやりのある子ども
○ たくましく  健康・安全を大切にする子ども

学校の姿

○ 安全で,学ぶ楽しさがあふれる学校
○ 元気なあいさつと歌声が響く学校
○ 家庭・地域と共に子どもを育てる学校

教師の姿

○ 子どもを愛し,可能性の伸長に情熱を注ぐ教師
○ 授業力向上を目指し,絶えず研修に努める教師
○ 地域を理解し,地域に学ぶ教師

経営の重点

(1)豊かな心の育成

① 一人一人の肯定的自己理解を高める意図的・計画的指導
② 元気なあいさつ,人とかかわる力を育むキャリア教育の充実
③ 郷土の人や自然を学ぶふるさと教育の推進

(2)確かな学力の定着

① 分かる授業,一人一人の学力向上が図られる授業づくり
② ユニバーサルデザイン授業の研究と推進
③ 自主学習及び読書活動の充実を図る指導

(3)特別支援教育の推進

① 児童理解に基づく全職員体制の組織的な指導
② インクルーシブ教育システム構築に向けた積極的な研修
③ 保護者や関係機関等との積極的な連携

(4)信頼される学校づくりの推進

① 家庭・地域の教育資源や教育力,専門機関等の活用
② 保・小,小・中の接続性・連続性を重視した教育の実践
③ 積極的な相談活動,学校教育の情報発信

研究計画

<研究主題>

    「分かる できる」子どもの育成
           ~授業のユニバーサルデザインを取り入れて~

<目指す子ども>

○ 自力解決するための学び方と基礎・基本が定着している子ども
○ 学んだことや思考したことを自分の言葉で表現できる子ども
○ 学んだことを活かして自ら次の課題に取り組む子ども

<研究の重点>

1 思考表現を高めるために,授業の焦点化,視覚化,共有化を図る

■ 焦点化◇単元構成の工夫◇ねらい,活動,評価の一体化◇主発問の精選
■ 視覚化◇単元の計画,授業の流れ,授業のあしあとの掲示◇思考の可視化
■ 共有化◇思考過程を共有化するための視点を明確にした話合いの場の工夫
◇全体での練り合いにおける教師のコーディネート力
2 個に応じて支援を工夫する
◇お助けアイテム,個に応じた課題の準備◇コース別学習の設定