平成24年度 研究の全体構想

大豊小学校の教育目標

未来に向かう子ども ~豊かな心・確かな学力~

めざす子ども

『かしこく』 主体的に学ぶ子ども
『やさしく』 感動や思いやりのある子ども
『たくましく』 健康や安全を意識して生活する子ども

研究主題

学びの土台としての意欲を育む指導の工夫(2年次)
~国語科を中心とした言語活動を重視した授業づくりを通して~

育てたい子ども

学ぶ意欲をもち,本気で課題に取り組む子ども

問題を見付けようとする 試行錯誤する 効果的に伝えようとする

研究の仮説

「課題発見のための言語活動」「課題追究のための言語活動」「整理統合のための言語活動」を取り入れた授業づくりを行うことで,子どもは,学習意欲が高まり,意欲が持続し,本気で学ぶことができるのではないか。

研究の内容

「課題発見のための言語活動」「課題追究のための言語活動」「整理統合のための言語活動」を取り入れた授業づくり

  • 活動を通した学びを保障する単元構成の工夫
  • 子どもの実態や学習ニーズを踏まえた教材の開発
  • 子どもの課題意識・意欲を高める導入の工夫
  • 学んだことのよさや成果が実感できる終末の工夫

検証の指標

  • 意識調査(関心・意欲・態度)の分析
  • 自己評価や相互評価の活用
  • 授業中の発言やノート
  • 評価問題などの分析
  • 授業参加態度の観察
  • 全国学力・学習状況調査 秋田県学習状況調査の通過率