環境教育への取組み

環境教育の内容の系統

ミニ八郎湖 ミニ八郎湖
学年 ビオトープ等を活用した学習 八郎湖との関連
1年
2年
・生き物探しをし、ふれ合う。
・ヨシ笛を作ったりガマの穂で遊んだりと身近な自然を利用して遊びを工夫し、楽しむ。
・町内探検をして佃煮工場や販売店の存在から八郎湖と身近な生活とのつながりに気付き、まとめる。
3年 ・生き物を探し、見つけた生き物の観察から気付いたことをまとめる。
・季節ごとに学校や家で見つけた生き物を記録し、気付いたことを簡単にまとめる。
・ビオトープの生き物の種類を調べる。
・佃煮の材料から八郎湖と身近な生活との関連について学ぶ。
4年 ・生き物のすみかや体のつくりなどを調べ、ビオトープ内の生き物のすみ分けや関連について調べる。
・八郎湖の生き物について調べ、ビオトープの生き物と比べる。
・干拓前の八郎湖岸の人々の暮らしについて調べる。
5年 ・田んぼの学校に取り組み、環境に優しい農業を体験する。
・草木谷の生き物について調べ、ビオトープの生き物と比べる。
・植物などの水質浄化作用について、科学的な調査をする。(透視度、COD)
・八郎湖と山や川、農業や人々のくらしとの関連について調べる。
6年 ・各地の湖の生き物について詳しく調べ、現状についてまとめる。 ・八郎湖に関して、テーマ二基づいて行動し、結果をまとめる。

関係機関との連携

事業内容 実施時期 実施内容 関係機関
アサザ出前授業 5~2月 ・生き物の調査、八郎湖の環境再生についての専門的な学習。 NPO法人アサザ基金
馬踏川水生生物調査 7月下旬 ・高学年有志が調査に参加。 秋田県八郎湖環境対策室
八郎湖水の郷 創出プロジェクト 7~12月 ・湖岸植生再生地での水草の植 え付け。各種フォーラム。希望者のみ参加(土日開催) 秋田地域振興局
草木谷を守る会
田んぼの学校 5~11月 ・5年生が総合的な学習の時間に実施 秋田地域振興局
草木谷を守る会
子どもフォーラム(1) 8月上旬 ・茨城県の小学生と交流。司会等の会の運営、発表など代表が参加。 秋田地域振興局
NPO法人アサザ基金
こどもフォーラム(2) 10月末 ・本校代表児童が茨城県を訪問、研修と交流をする。 NPO法人アサザ基金