潟上市立追分小学校

平成26年度 研究の概要

目指す子どもの姿

(1) 自分の言葉で思いや考えを表現し,進んで相手に伝えようとする子ども
(2) 思いや考えを伝え合うことを通して,学び合いながら考えを深めていく子ども

研究仮説

研究の重点

(1) 基礎的・基本的な言語感覚の育成

1. 基本的な学習習慣の定着

2. 日常的・継続的言語活動の充実

3. 言語環境の充実

4. 図書利用の活性化

5. 書く・話す活動の充実

6. 家庭・地域との連携

(2) 学び合いが充実する授業づくり

1. ねらいの設定

2. 課題提示の工夫

3.「書く」活動の位置付け

4. 伝え合う場の支援の工夫

5. 学び合う場の支援の工夫

6. 振り返りの充実