伊藤与助 | 潟上市立飯田川小学校

HOME > 地域の偉人 > 伊藤与助

image1.jpg

伊藤与助

 飯田川下虻川に生まれ,真面目でよく勉強をし,21歳で近衛兵となり,その時東京で,和歌を中島歌子先生から習いました。さらに農業の学校に入ることを考えましたが,両親に許してもらえなかったので,草木谷で研究をしている石川理紀之助翁をたずね,門人になりました。25歳の時です。

 そのかたわら,村の若者たちは,もっと勉強しなければいけないと考え,数人の友人と勉強をしていました。

 それに,小学校の頃から,もっと勉強しなければいけないと考えていましたが,当時貧しくて学校に行かれない子どもが目についたので,「この子どもたちに勉強をー。」と話し合い,その勉強する場所について相談しました。
 子どもたちを集めて勉強をさせるために,与助たち若者は,いろいろと考えたあげく,用水路(堰)の上に小屋を建てる事にしました。用水路の幅は1m50cm位あり,そこへ土台になる木を渡し,柱を建て,苫小屋を造りました。大工さんの手もかしてもらい完成したのです。
 子どもたちは大喜びで集まり,若者たちからいろいろな事を習いました。このことを村の人々も大変喜んでいました。
 石川翁は,これに『水上学舎』という名前を付けました。

 『水上学舎』が大変な評判になり,近隣の村をはじめ,ほうぼうでもまねをして,夜学会を始めるようになりました。
 与助たちは,子どもたちに紙やノートを与えるためのお金を,自分たちが特別に働き,わずかなこづかいを出し合って,それにあてていました。
 下虻川の子どもたちは,『水上学舎』に勉強に行くことを一つのほこりに思っていました。いえ,『水上学舎』は村のほこりになっていたのです。

 与助は,石川翁と同じように,百姓の生き方を,夜学を通して村民にわからせ,石川翁の教えを広めて,自分で実行しました。
 また,石川翁から,一番信頼された人のひとりでした。

 与助は,文字がうまく,また文章を書くにも早く,特に和歌をよむのが得意でした。

  伊藤与助の著書には,
「女のかがみ」「鐙市太郎翁伝」
「玉くしげ」「みはたのかげ」等があります。


〒018-1503
秋田県潟上市飯田川
    和田妹川字岩崎12番地12
TEL 018-877-2033(代)
FAX 018-877-2038